So-net無料ブログ作成

Androidに注力するソニーの今後への期待と不安 [XPERIA(Sony) Tablet]

昨今、SONYの動きを注視している方なら分かると思うのですが、Sony Tablet、Sony Internet TV、Walkman、Readerは全てOSがAndroidになっています。さらに10月末にはソニーがソニー・エリクソンの株式を全べて取得するなど、明らかに今のソニーはAndroid事業に注力していると思えます。

Sony Tablet

image[3]

ソニーの欠点は製品やサポートにおいてグループ間の連携ができていない事だとずっと言われていました。それは今もまだ少なからず残っていると思いますが、随分解消されてきていると感じています。そのひとつの答えがSony Tabletの誕生であり、これをきっかけに変わっていこうと言う気持ちの表れとして、SONYと言う名前を付けた気がしています。

実際、私はSony Tabletを毎日触っていて端末のアイデアや完成度には満足しています。まだまだ完全とは言えないまでも、ソフトウェアの作り込みによってソニーグループの集合体のような製品になりつつあるのを実感していますし、今後もその進化は止まらないだろうと確信しています。

ソニーエリクソンを子会社化

ソニーがソニー・エリクソンの株式を全べて取得すると言う発表がありました。一般の人はご存知無いと思いますが、今まで、ソニーとソニーエリクソンは同じ会社のようで違いました。それ故にXperiaとソニータブレットのアプリケーションの内容はバラバラで、例えばソニーエリクソン端末では大変評価の高いIMEであるPOBOXがソニータブレットにはインストールされていなかったり、個々のアプリケーションのユーザーインターフェイスも全く異なります。スマートフォンの中ではマシだとしても、Xperiaの音楽再生能力はWalkmanには到底及ばず、ファンとしては少し残念な部分もありました。ついでに言うとソニータブレットにプリインストールされているソニー独自のアプリは作りこんでいるけど、ソニーエリクソンのアプリに比べるとバグが多い印象です。

image[7]

もちろん、Xperiaに実装されているExmor-R for mobileなどのカメラ機能やモバイルBRAVIAエンジンのように、SONY本体のテクノロジーが搭載され、尚且つ高く評価されているのも事実です。ソニーエリクソンを子会社化した事によりこの融合がさらに進むのは間違いでしょうし、そこもソニーの狙いなのだと感じています。

Xperiaの展開

Androidは独自機能を多く搭載するほど、アップデートへの追従が難しくなるジレンマがあり、結果的に差別化が難しいとも言われていますが、私はバージョンアップや独自機能への取り組み方はソニーエリクソンの現在のXperiaの展開はとても良い感じだと思っています。

image[15]

当初、Xperia X10(日本では初代Xperia)は、独自カスタマイズとノウハウが未熟だった点で、バージョンアップに相当苦労していました。しかし、現在のソニーエリクソンは、カスタムROMを作成するユーザーコミュニティと協力したり、Googleとの蜜な関係(ソニエリはTier1と呼ばれるGoogleが選定した機器メーカーのひとつ)を築きゲームパッド搭載のPLAY,ワンセグ、フェリカなどのガラパゴス機能を搭載したacro、キーボードを搭載した小型端末mini pro、防水機能を付けたactiveなど様々なXperia端末を効率よくリリースし、さらにAndroidのバージョンアップにも柔軟に対応できています。(本年度リリースのXperiaは全て4.0に対応すると発表しています※日本はdocomo次第で未定) おそらく、相当のAndroidのノウハウを持っているのは想像できます。富士通やNEC、シャープなどの国内の他のメーカーとは大きな差があるでしょう。このソニーエリクソンのノウハウは確実に大きなメリットになることだろうと思います。

ソニーがソニーエリクソンを子会社した後、今後スマートフォンを出すのにあたって多くの人が期待するのはどのようなスマートフォンなのでしょうか?二画面タブレットのSonyTablet Pのようなオリジナリティあふれるスマートフォンかも知れないし、Walkman Zのような音質にとことん拘ったスマートフォンかも知れない。このように色々と期待が膨らむのがソニーなのだと私は思っています。

クラウド

しかし、最近の動向を見ていると本当のソニーの狙いはクラウドだと私は感じています。まだまだ利用できるユーザーIDの統合が未成熟ですが、Sony Tabletを使い、XperiaのVideo UnlimitedやPlayStation Suiteの対応と言ったバージョンアップ内容、そしてBRAVIAのスマートTV化を見ていると確信せざるを得ません。ソニーはハードだけでなく今や映画も音楽もゲームも書籍も扱っています。これらを毎日手にするスマートフォンやリビングにあるTVなど、ありとあらゆるハードで自由に共有できるようにしようとする試みが生まれるのは当然でしょう。

image[20]

そんなのもうApple等は実現していると思う人が多いと思いますが、再生したり表示したりするのは最終的にはハードウェアです。SONYはAV機器では世界的な技術力を持っているメーカーです。このテクノロジーをAndroidを使って上手に活かし、クラウドコンテンツを柔軟に扱えるソフトウェアがあれば、これほどの差別化は無いと思います。Sony Internet TVことGoogle TVは失敗だと言われています。確かにあれは外から見ていても未成熟な代物でした。しかし、真の姿を現すのはこれからではないでしょうか?XperiaやSony Tablet、そしてBRAVIAがシームレスにつながり、それぞれで同じようにコンテンツが非常に高いクオリティで楽しめる時が来ると思うと私は興奮を抑える事ができないです。

SONYオリジナルOSは?

image_thumb[10]

私の思いではAndroidではなく、これらを全てSONYオリジナルのOSでやって欲しかったのが本音でした。SONYが世界のリーディングカンパニーのように持て囃されあらゆる商品が好調なセールスを記録していた頃、VAIOを触っていた私は、ソニーがOSを作るのではないか?と私は本気で思っていました。しかし、時代は流れ今は必ずしも元気では無いですし、AppleやGoogle、Microsoftを上回るOSを作るソフトウェアの技術力があるような気もしません。

Androidの選択と懸念

image_thumb[8]

そんな中、Androidを選択するのは理にかなっているとは思います。基本的にオープンソースですし、ソフトウェアの変更も可能です。メーカーがオリジナルのハードウェアを実装する事や、Androidフレームワークの深いレベルの変更もできます。そして何よりも今あるモバイル用のOSの中でAppleのiOSと正面から戦える唯一の選択肢なのは誰も異論はないでしょう。

しかし、Androidを採用し、それだけに注力するのはAndroidが成熟したOSだった場合の話だと私は思うのです。実際にはAndroidはまだまだ未熟なOSです。その証拠に機能追加のバージョンアップは頻繁に行われ、APIやユーザーインターフェイスはバージョンごとに毎回多かれ少なかれ変更を強制されています。その結果、Androidフレームワークの深い部分に手を出したメーカーはバージョンアップに苦労し、新しいカテゴリーとして登場したGoogle TVやhonycombタブレットはバグの多さや実験的とも言えるクオリティで多くのユーザーから非難を浴びているのが現状です。更にはOracleやAppleとの特許争いも加わり、Androidを取り巻く環境は厳しさを増す一方です。

上記の事からもAndroidとの付き合いは諸刃の剣だと思います。個人的にGoogleはWebサービスを突然中止したり、結構適当な印象があります。Androidをまさか突然やめてしまうような事は無いと思いますが、付かず離れずの関係が良いのかも知れません。実際、サムスンは自社OSも開発していますし、HTCはWindows Phoneの開発にも力を入れてますよね。

そんな中でもソニーエリクソンもSymbianベースの開発を中止し、現在はAndroid一本に絞り込んでいたり、ソニーがこれほどまでにAndroidに注力しているのが心配であったりします。共倒れなんて事だけは絶対に避けてもらいたいです。

まとめ

image[28]

偉そうな事を書きながらうまくまとめられませんが、ソニーの今後のAndroidを利用した展開は期待できるし、期待しています。また私の財布が泣いてしまうぐらいのプロダクトが生まれて欲しい。そして決して、AndroidやGoogleに利用され共倒れになるのではなく、うまく利用して活用して欲しいですね。




SonyEricsson Xperia mini Pro SIMフリー キーボード搭載

SonyEricsson Xperia mini Pro SIMフリー キーボード搭載

  • 出版社/メーカー: SonyEricsson
  • メディア:




Sony Tablet S1 超低反射高防汚アンチグレア PRO GUARD HDAG-ARSH HD Professional・プロガード HDAG-ARSH / PGHDAGARSH-STS

Sony Tablet S1 超低反射高防汚アンチグレア PRO GUARD HDAG-ARSH HD Professional・プロガード HDAG-ARSH / PGHDAGARSH-STS

  • 出版社/メーカー: マイクロソリューション Micro Solution Inc.
  • メディア: エレクトロニクス




ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか (文春新書)

ソニーはなぜサムスンに抜かれたのか (文春新書)

  • 作者: 菅野 朋子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2011/01/19
  • メディア: 新書



ソニーストア

Sony Tabletの発表にソニーの本気を感じた
Sony Tabletを購入した。
Sony Tablet 企画・開発者トークショーに参加してきました。
Sony Tablet S 開封レビュー
Sony Tablet S ファーストインプレッション
Sony Tablet Sにソニー純正の液晶保護シール(SGPFLS1)を貼った。
Sony Tablet で開発してみよう
Sony Tablet S で便利なtwitterクライアント HoneyTweet
Sony Tablet S の初期セットアップ
Sony Tablet S レビュー (外観編)
Sony Tablet専用クレードル (SGPDS1)レビュー
Sony Tablet 専用キャリングカバー SGPCV2 レビュー
Sony Tablet のブラウザを常にPCサイト用に表示させる。
Sony Tablet でコミックを読もう
Sony Tablet SとiPad2やICONIA TAB A500と比較してみた
Sony Tablet バッテリー消費を抑える方法
Sony Tablet P で開発しよう
Sony Tablet P レビュー(開封編)
タブレットの革命 Sony Tablet P レビュー
Sony Tablet P用の二画面アプリを作成してみた。
Sony Tablet のミュージックプレイヤーは凄い!!のだけど...
Sony Tablet P レビュー (アクセサリー編)
Androidに注力するソニーの今後への期待と不安
Sony Tablet と BRAVIA のおいしい関係
Sony Tablet Pを外出先で充電する
SonyTablet Pシリーズ用の二画面ビューワーを作成してみた。
SPBrowserがSelectAppに掲載されました!(但しUS)
敢えて今 SonyTablet P をレビューする。
Sony Tablet P でテザリング
SPBrowserがSelect Appに掲載されました。
OverLay Brilliant for Sony Tablet Pシリーズ レビュー
Sony Tablet S のクレードルアプリを作ってみる
今までのタブレットを過去のものにしてしまう Sony Tablet のアップデート
Sony Tablet P でYouTubeアプリが動いた
nice!(14)  コメント(7)  トラックバック(1) 

nice! 14

コメント 7

Riever

リスクとどう向き合うか、ですよね。
Sony EricssonがAndroidに一本化する方針と決めたときは、不安が大きくなりました。
Sonyに買われてこれからどうなるかは分かりませんが、今のポジションはキープしつつ、マルチプラットフォームで頑張って欲しいところですね。少なくともコンテンツは、環境に依存せずに楽しめるものにしないと生き残れないでしょうから。
by Riever (2011-11-21 00:14) 

taiseiko

Rieverさん
リスクを恐れていたら何もできないですが、規模にもよりますがAndroidでかなりリスキーな存在ですよね。
これからどうなっていくのか期待しています。その前にSony Tabletを買いましょうw
by taiseiko (2011-11-21 10:01) 

sonyandvaiofan

こんばんは。
とても興味深くて、面白いエントリーでした!

taiseiko さんの文章は、
そこもかしこもソニーへの愛にあふれていて、
我が家も頑張らなくては、と思いました♪






by sonyandvaiofan (2011-11-21 19:18) 

penguin

はじめまして。
とても興味深く読ませていただきました。
これまでどこかチグハグな所があったソニー製品群に、通し柱となるべく、tablet は生まれたのだと感じます。
by penguin (2011-11-22 08:30) 

taiseiko

sonyandvaiofanさん
いえいえー。ただのソニーオタクですw
でも、ほめてくださってありがとうございます。
by taiseiko (2011-11-22 09:46) 

taiseiko

penguinさん はじめまして。
ありがとうございます。
SONYって社名を付けているぐらいですからね。相当の気合いを感じています。それだけのものに育って欲しいですね。

by taiseiko (2011-11-22 09:49) 

h

「実際、私はSony Tabletを毎日触っていて端末のアイデアや完成度には満足しています。」

爆笑しました。せいぜいがんばってください。
by h (2012-08-28 11:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
HP Directplus オンラインストア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。